日本みつばちとは

日本みつばちは日本の野山に古来より生息しており、明治の初め頃まではこの蜂を使って養蜂業を営んでいました。最近では日本蜜蜂の温和な性質と芳酵な蜂蜜が注目され趣味養蜂として広がりました。日本蜜蜂の採蜜は年1度秋に行います。春から秋までのあらゆる花から蜜を集める為、別名『百花蜜』とも言われ様々な味が楽しめると賞賛されております。日本蜜蜂の蜂蜜の中には数百種類のアミノ酸を含んでいますので体に良いとされています。栄養価の高い食品としてブームを起こしております。

体全体が黒っぽい、そしてセイヨウミツバチよりも少し小さい。
胴体の縞模様がハッキリしています。体全体の色は黒っぽくセイヨウミツバチと比べると一回り小柄です。

数千~~2万匹

一匹の働き蜂が一生の間に集める量は小さいスプーン一杯と言われています。セイヨウミツバチと比べると群れの蜂数がまったく違うのでその差は雲泥の差です。

一年に一度位しか採蜜できない。セイヨウミツバチと比べると、はちみつがあまり採れない事で希少価値が挙げられます。日本蜜蜂は様々な花の蜜を集める性格がありま す。 別名百花蜜(ひゃっかみつ)と呼ばれ様々な花の香りや風味が味わえます。

体全体が黄色っぽい、そしてニホンミツバチよりも少し大きい。
ニホンミツバチと比べると胴体の縞模様はお尻の方の黒い幅が広く、体全体の色は黄色っぽい色です。

2万~4万

ニホンミツバチの4倍から5倍位程度と言われています。

一年に何度も採蜜できる。群蜂数の多さから集蜜力も多く、単一の花事に採蜜させる事が出来ます。単一の季節花の蜂蜜を採蜜し味合うのに向いています。